スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埋蔵金

15日の新聞で
愛知県幸田町の本光寺にある戦国
江戸時代の大名、深溝松平家の墓から
金の純度が高い慶長小判をはじめ
小判43枚など多彩な副葬品が発掘されて

しかも昨年の集中豪雨で浸水、墓石が傾いた
ことから調査が始まり、今年4月に
石室に置かれた木棺の中から副葬品が
みつかったみたいなんですが
その他日本刀など・・・など

そこでやはり気になるのは・・・

大名が誰かよくわからないし
何してたかもわからない人となると・・・

新聞よんでて一番気になるのは
金額じゃないでしょうか

掘り出された小判やなんやふくめ
現在は150万~200万で取引される場合が
多いが保存状態によっては1000万の値が
つくこともあるそうで

あるとこにはあるんですねぇ・・・
羨ましい

徳川埋蔵金の番組を
テレビでホントかなぁ・・・とか
思いながら見てたこ事を
思い出しました・・・

とりあえず家の墓には先祖の遺骨しか
眠ってないので掘り起こす事はないですが
家の中に何かないかなぁとか
探してみたりして
出てきたら
大阪屋に売りにいきますがね

と現実に戻ってしまう
小山でした

コメントの投稿

非公開コメント

店舗案内

質・ディスカウント大阪屋

Author:質・ディスカウント大阪屋
新品から中古品まで豊富な
販売システムで、お客様に
より便利により多くの商品を
ご覧いただく努力を惜しみません!
トップブランドのバック・小物、時計、ジュエリー、化粧品、香水まで、幅広い商品を自信を持って皆様に納得するお値段でご提供しております

最新記事
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。